男性の育毛対策のポイント

5αリダクターゼを阻害する
生え際の薄毛は男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンは特殊酵素「5αリダクターゼ」の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このDHTがレセプターと結合してヘアサイクルは短縮し、抜け毛を引き起こします。薄毛対策としては、この5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの発生を抑制する事が重要です。
血流を改善する
髪の毛は血液に含まれる栄養によって作られます。そのため、血流が悪いと細毛、抜け毛などの原因になります。育毛剤にはセンブリエキスやニンジンエキスなどの血流改善成分が含まれています。血管を拡張して血流量を増やすことで、栄養分は毛根まで行き渡り、髪の毛は成長します。
毛穴づまりを抑制する
男性ホルモンやストレスなどにより皮脂は分泌されます。皮脂が多いと痒み、炎症がでやすくなります。その結果、毛穴がつまって髪の毛の成長力は低下します。抗炎症、抗酸化、保湿作用のある植物エキスを配合した育毛剤を使用することで、頭皮環境を改善して毛穴の詰まりを抑制する事が重要です。

男性育毛剤ランキング

順位 商品名 金額 商品詳細
チャップアップ
9,090円~
120ml
30日間返金保証
育毛剤とサプリで育毛対策
約30種類の育毛剤で血行促進と保湿作用。ノコギリヤシ配合のサプリもセット。
詳細はコチラへ
BUBKA
12,600円
120ml
30日間返金保証
育毛剤とサプリで毛母細胞活性化!
褐藻エキス、血行促進成分を配合した育毛剤とDHTの生成を抑制するサプリがセット!
詳細はコチラへ
> ポリピュアEX
7,800円
120ml
45日間返金保証
ポリリン酸で毛根を活性化
バイオポリリン酸で毛乳頭を活性化することで毛母細胞の活性化。
詳細はコチラへ
薬用プランテル
7,800円
150ml
30日間返金保証
M字脱毛を改善する育毛剤
抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害するヒオウギエキスを配合。
詳細はコチラへ
フェルサ
9,800円~
80ml
30日間返金保証
ノコギリヤシで抜け毛対策
育毛剤とサプリメントにノコギリヤシを配合。体の外と内から育毛促進。
詳細はコチラへ
育毛剤とサプリメントで育毛にアプローチ!

育毛剤チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤には血流改善作用のあるセンブリエキスをはじめ、植物エキスなどを合計30種類も配合。炎症抑制、保湿作用で頭皮環境を改善しつつ、栄養分を毛根にしっかり届けます。
そしてチャップアップのサプリメントには5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシをはじめ、髪の毛の合成をサポートする亜鉛、疲労回復作用のあるαリポ酸、マカなども配合。体の内側から育毛をサポートします。

育毛剤の使い方

育毛剤には薄毛対策のために様々な成分が配合されています。育毛剤を購入して、どうやって使用したら良いのか、効果的に使用するにはどうすればいいのか、など育毛剤の使い方について紹介します。



・育毛剤を使用する前のステップ

育毛剤を効果的に使うにはどうしたらいいのか悩む人は多いです。 美容院などで洗髪する前、ブラシで髪の毛をといてから洗髪するのを知っている人も多いと思いますが、髪の毛が絡まっていると、育毛剤が頭皮までしっかり届きません。 また、髪の毛をブラッシングすることで、頭皮のトラブルの原因になるフケや汚れをある程度落とすことができます。

次に洗髪です。 まずはじめはお湯で髪の毛を湿らすだけでなく、お湯で洗うようにしっかりと流します。 髪の毛の汚れはお湯だけでも結構落とすことができるため、シャンプーによる髪や頭皮のダメージを少なくします。

シャンプーについては、より育毛効果を高めるには、アミノ酸系シャンプーを使用すると、頭皮改善効果も得られより効果的です。 洗髪後はシャンプーが残らないようにしっかりとすすいでください。

すすいだ後は髪を乾かします。 ドライヤーは髪に良くないなどという理由で自然乾燥させたり、タオルで水分をふき取って乾かす人もいます。しかし、髪の毛が長時間湿っていることで、頭皮に雑菌が繁殖し、フケや炎症などの原因になるので、ドライヤーを使うようにしましょう。

・効果をアップさせる育毛剤の使い方

頭皮を清潔にし、乾燥させたら育毛剤を使用します。 適量を薄毛や抜け毛が気になる部分に全体的に塗布します。 薄毛が気になる部分から少し外側にも使用すると、薄毛の予防効果も発揮します。

ポイントは髪の毛に付けるのではなく、地肌に付けます。 育毛剤は髪の毛を作り出す毛母細胞に働きかける必要があります。髪の毛に付いてしまうと、毛根まで育毛成分が届かなくなります。

育毛剤を頭皮に付けたらマッサージを行ないます。 マッサージは育毛成分を浸透させる働きと頭皮の血行を良くする働きがあります。

マッサージを行なうときは爪を立てたりせず、指の腹で優しくマッサージするようにします。 頭皮に傷が付いてしまうとせっかくの育毛剤の効果が得られなくなってしまうので、頭皮を傷つけないように行ないます。

・育毛剤の効果をアップさせるコツ

入浴直後は毛穴が清潔で全身の血流が良くなっています。そのため、育毛剤の成分が浸透しやすくなり、より効果的です。

また、育毛剤は少なくても3ヶ月から6ヶ月は使用してみてください。髪の毛にはヘアサイクルがあり、一度抜けると3ヶ月程は生えてきません。 効果が現れ始めるまで時間がかかるため、できれば長い期間継続して使用するようにします。

また、育毛剤を適量より多く使用したり、いくつかの育毛剤を同時に使用してもあまり変化はありません。逆に頭皮が荒れると抜け毛や薄毛の原因となってしまうことがあるため、適量で使用することをおすすめします。

医薬品やクリニックで生え際の薄毛治療

生え際の薄毛、抜け毛は、育毛剤やサプリメントではなかなか改善しないことがあります。そういう時はクリニックでの治療、医薬品の使用などで薄毛を治療するのがおすすめです。

生え際の薄毛は男性型脱毛症なので、放置していると、どんどん進行します。男性ホルモンと特殊酵素「5αリダクターゼ」によって生成されるDHTが薄毛の主な原因です。薄毛治療には皮膚科やAGAクリニックなどで処方してもらう「フィナステリド」の服用があります。フィナステリドは特殊酵素の働きを抑える作用があり、抜け毛を防止します。ノコギリヤシよりもかなり強い効果が期待できます。



AGAクリニックではフィナステリドを服用しつつ、ミノキシジルの外用薬や内用薬を併用します。ミノキシジルには血管拡張、血管新生作用があります。毛乳頭に栄養分をしっかり届けることで、髪の毛の成長を促進します。クリニックで処方されフィナステリドとミノキシジルを服用する事で生え際の抜け毛を改善していきます。外用薬としてはリアップが有名です。ミノキシジルタブレットは専門外来などで処方してもらいます。

その他には成長因子を注射するHARG療法やAGAメソセラピーとうい治療法があります。KGF、VEGF、PDGFなどの成長因子は血管新生、毛母細胞の活性化作用などがあり、休止期にある毛根を活性化し、発毛を促進します。ただ、注射による毛髪再生医療は1回あたりの費用が非常に高額になります。

生え際の薄毛治療には自毛植毛という方法もあります。毛根自体が無くなっている状態の場合の薄毛治療になります。自毛植毛は後頭部から頭皮を採取し、薄毛部分に毛包を移植していきます。自毛植毛にはメスを使ったFUT、吸引パンチを使用するダイレクト法(FUE)があります。最近ではメスを使わないダイレクト法が増えてきました。生えそろうまでに時間はかかりますが、確実に髪の毛を増やすことができる薄毛治療です。費用はグラフト数によって異なりますが、かなり高額になります。

成長因子と脱毛因子の関係

生え際の育毛対策で外せないのが、成長因子と脱毛因子です。毛乳頭内では成長因子と脱毛因子が作られます。成長因子とは髪の毛を伸ばす働きがあります。脱毛因子は毛母細胞の働きを弱め、抜け毛の原因となります。ここでは成長因子と脱毛因子の特徴について解説します。



成長因子
成長因子はAGAメソセラピーと呼ばれる毛髪再生医療で使われているタンパク質の一種です。細胞を活性化する作用があり、最近では育毛剤にも配合されるようになっています。成長因子を配合した育毛剤には「Deeper 3D」、「ボストンスカルプエッセンス」などがあります。ここでは主な成長因子について紹介します。

・KGF
KGFはケラチノサイト成長因子と呼ばれるタンパク質です。毛母細胞を活性化する作用があり、髪の毛の成長期を伸ばす効果があります。

・IGF
IGFはインスリン様成長因子と呼ばれるタンパク質です。細胞活性化作用があり、毛母細胞や毛乳頭の活性化を促進します。

・FGF
FGFとは線維芽細胞成長因子と呼ばれるタンパク質です。コラーゲン合成作用があり、毛髪のハリやコシを改善する効果があります。

・VEGF
VEGFは血管内皮増殖因子と呼ばれるタンパク質です。血管の新生を促進する作用があります。血管が増えることで、栄養分が毛乳頭にしっかり届き、髪の毛は成長しやすくなります。

・脱毛因子
脱毛因子は退行誘導因子(TGF-β)と呼ばれる物質で、毛母細胞の働きを弱めます。成長因子とは逆の働きをするタンパク質の一種です。男性ホルモンは2型5αリダクターゼの影響を受け、DHTに変化します。DHTがレセプターと結合すると脱毛因子が生成されます。

脱毛因子を阻害するためには、DHTを発生させないことがポイントです。その為にはプロペシア(フィナステリド)が有効です。プロペシア(フィナステリド)には強い効果がありますが、性欲減退などの副作用が数%報告されています。ノコギリヤシは効果は弱くなりますが、副作用の心配はありません。ノコギリヤシを配合したサプリメントが多く販売されています。詳しくは人気の育毛剤ランキングのサイトなども参考になります。

生え際育毛剤 新着情報

「生え際育毛剤ランキング」について
男性育毛剤は非常に種類が増えています。育毛剤の役割は「「男性ホルモン抑制」「血行促進」「毛母細胞活性化」「炎症抑制・保湿」などがあります。生え際の薄毛対策で重要なのがは「ヘアサイクルの改善」です。男性の薄毛、抜け毛の多くは、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンが特殊酵素によってDHTに変化し、退行誘導因子が産生されます。その結果、毛根が萎縮して髪の毛が抜けてしまいます。薄毛改善におすすめの<生え際育毛剤にはチャップアップ、BUBKA、フェルサなどがあります。最近では育毛剤に返金保証がついています。頭皮に合わない場合は返金が可能です。ただ育毛剤は1ヶ月程度では変化はほとんどわかりません。3ヶ月から6ヶ月は使用する事をおすすめします。また、サプリメントがセットになったタイプなどもあります。育毛剤で外側からのアプローチをし、サプリメントで内側から育毛促進にアプローチします。当然、薄毛の改善の程度は個人差があります。日常生活の改善と共に育毛剤を使用を継続する事が薄毛、抜け毛改善に欠かせません。

今月の育毛剤ランキング

チャップアップ

詳細はコチラ
ポリピュアEX

詳細はコチラ